FC2ブログ
Welcome to my blog

Sic Parvis Magna

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィンテージキューブドラフトガイド(アーキタイプ編-コントロールとアグロ-)

ヴィンテージキューブ関連記事一覧

・カードリスト(英語)
・概要編
・アーキタイプ編
コンボ
コントロールとアグロ(この記事)
ミッドレンジとランプ

コントロールは青を2~4人で分け合う形になると思います。
アグロは基本的に単色推奨なので各色卓内許容人数は1人です。

まずはコントロール編です。


青軸コントロール

除去とカウンターで驚異を凌ぎ、PWを維持するのが勝ち手段となります。

青は強力なカードばかりなのでヴィンテージキューブでは最強の色です。
青が空いているとつい青いカードばかりピックしてしまいがちですが、
盤面に触れるカードがないので青単になると漏れなく詰みます(1敗)。気を付けましょう。

ピックはカウンターが最優先です。カウンターの少ないコントロールデッキは、
序盤数ターンを何もせずに轢き殺されるだけになります。
残りは除去とPWを拾っていきます。

サブカラーは全体除去の取れる白か黒が多いです。
PWの為に多色化して3色、4色になることもあります。

3-0経験ありです。



青黒軸アーティファクト

マナ・アーティファクトを並べて、
《からみつく鉄線》《煙突》《燎原の火》などで相手の動きを封じ
《カルドーサの鍛冶場主》《修繕》《ゴブリンの溶接工》で巨大クリーチャーを出すか
《ボーラスの工作員、テゼレット》のマイナス能力で勝つデッキです。

マナ・アーティファクトを1パック目でたくさん確保できれば参入して良いでしょう。



対立


マナクリーチャーやトークンを並べて、《対立》を張り
相手のマナやクリーチャーを寝かせ続けて勝つアーキタイプです。

メインカラーは白か緑で、サブカラーに青を添えることが多いです。
《対立》はLSV曰くこのキューブで最も過小評価されてるカードらしいので
いつかやってみたいアーキタイプです。


続いてアグロ編です


白単


キーカード
《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》《石鍛冶の神秘家》《ハルマゲドン》《密輸人の回転翼機》《パララクスの波》

軽量クリーチャーや《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》《遍歴の勇者、エルズペス》
でボードアドバンテージを確保した後に《ハルマゲドン》で蓋をすることを目指します。

負け筋は《ハルマゲドン》が打てずに相手の土地が伸び、全体除去を撃たれたり相手のフィッシャーが止まらなくなることです。
一番辛いのは《激動》で《忘却の輪》から相手のPWが帰ってくることです。

白のクリーチャーは2マナ以下が貧弱で、3マナのクリーチャーが強くて安いということを覚えておきます。
早く3マナに到達するために《金属モックス》や色の合わないモックスをピックするのもありだと思います。

クリーチャーは14枚前後確保します、5マナ以上のスペルは極力採用しないようにして土地を16枚に切り詰めます。
《忘却の輪》《剣を鋤に》のような相手の強力スペルに対応できるカードは必ず数枚取っておきます

ミラディンの剣サイクルは実は弱いです。配信でLSVが青赤剣はそこまで良くはないって言ってました。
3ターン目はクリーチャーを出したいことが多く、
《石鍛冶の神秘家》無しだとキャストするタイミングが概ね5ターン目以降です。

そしてどの剣にも裏目があります。(リアニメイト相手の《肉体と精神の剣》など)
サイド後は活躍する可能性があるので一応確保しておいて損はないです。

《リシャーダの港》は強力ですがレベルアップクリーチャーとアンチシナジーなので注意しましょう。


これは秘密なのですが、《マナの税収》はノーケアの相手も多く、テンポを維持しやすいカードなのでメインは入れておくと良いでしょう。

3-0経験しました



赤単バーン


キーカード
《火炎破》《槌のコス》《密輸人の回転翼機》《ゴブリンの先達》《地獄乗り》

序盤はクリーチャーで殴り終盤は本体火力で焼き切ります。
クリーチャーの質は低めなので無理して数多く取る必要はないと思います。
実は人気アーキタイプなので入れないことも多いです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。