FC2ブログ
Welcome to my blog

Sic Parvis Magna

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見たクソ編成の名前を僕達はまだ知らない。


クソ編成、ここに極まる


光古戦場お疲れ様でした!

今回の光古戦場は4周年でマグナⅡ武器の性能が発表されてから、95Hell、100Hellの編成をかなり練りました。

環境は簡単に言うとソーンフュンフは解放済、ゼウスあり、十天衆を統べし者取得予定あり。
ルシオ・リミイオ・シヴァ・ハールートマールートなし。

以下が95Hell、100Hellで実際に使用した編成です。
hikarikosenjyo37.png


キャラは解放ソーン+解放フュンフ+光クラリス。

ソーンは説明不要。
フュンフは渾身維持に特化した性能で、相手の特殊技を防げる・黄龍刀のバフを稼げると破格の強さ。
光クラリスはリミイオ・ハルマルが無いことから採用しました。
ヘイズ+2アビで防御下限ですし、サポアビ別枠攻撃20%があるので火力も申し分ないです。


光古戦場の装備はソーンのバフをいかに回せるかが重要だと考えていました。

そこでイーリアスボウ2本とグングニルの両面ゼウスでDAを盛る方向性が良いと考えました。
マグナではネックとなるソーンのDAをオメガ奥義の約30%だけでなく、
武器で30%、合わせて60%まで引き上げることができます。
他の杖得意キャラもほぼDA、時々TAで奥義がズレやすく硬直にも強い。


リミ武器がないのが痛いですが、ソーンのバフと程よい連撃率でリミ武器持ちと大差ない速度が出るはずです。



しかし、実際回してみると

全然速度出てねー!!!!!!!!


Stupor.jpg


古戦場開始前は団内順位5位以内には入れるかなと心の中でイキってましたが、
朝時速で10位以内に入れることは一度もなく、10位と比較しても結構な差が出てしまい、

団の足を引っ張る形となってしまいました。


光古戦場が終わり、雲の王国などの最上位団の方が編成を公開していました。


リミ武器を十分に持っていない方は、メインコロウ剣のマグナ。
グローリー+ソーン+セルエル+アルベール
という編成が多く見られました。
グローリーとアルベールの追撃が強く、シヴァとの相性も良いです。

装備はオメガ剣に加えてオメガ弓を入れることでソーンの連撃を上げています。



僕が使っていた編成より速度も段違いでした。
エデン0の僕どころか、エデン2程度のゼウス編成よりも速度が出ていました。



何故これに辿りつけず、クソ編成を選んでしまい速度が出せなかったのか。



分岐点1・ミトロン弓マグナ編成が話題になる


マグナⅡの性能発表後、編成は上記の両面ゼウス杖編成でほぼ決まってました。



4月頭、この動画がツイッターで出回り、ミトロン弓4短剣2+黄龍刀の両面マグナ編成が話題になりました。
マグナでソーンのバフなしで上限を叩けることが判明し、両面ゼウスの編成と比較しながら計算機を叩きました。


明らかにマグナの方が火力出てました。


しかし・・・


グリームニル等の140マルチでMVPが取れなくて萎えていた僕は、
日課にメタトロンを追加するのが嫌でした。
闇はパラゾニウムのハデス編成を持っているので勝率は他より高いと思いますが、正直疲れてました。

「メタトロン武器6セットも集めるのは間に合わない可能性が高く、種切れの心配もある。
5月にあるであろう土古戦場に向けたゴブロ武器が間に合わない方が問題だ
今はゴブロ斧集め優先」



「少し初速が遅くても、ソーンのバフが回ればどうせ上限を叩けるので、マグナと大差ない速度。
逆にソーンの連撃が盛れないマグナは長期戦で失速すると予想。
両面ゼウスの方が強い。


という言い訳を作りました。結果、

メタトロンは完全にスルーすることにしました。



分岐点2・アバターのMVPレースで高順位が安定する


例の両面ゼウス杖編成が本当に火力出るかを、アバターの野良殴りや連戦で実験しました。
結論から言うと、かなりMVPや準MVPを取ることが出来ました。
負けはリミ武器がたくさん入っているであろうゼウス編成だけで、
マグナには負けなし。本格的にマグナはダメだなと確信しました。


丁度この頃、コロウ剣のグローリーが団内で少し話題になり、アバターでも見かけましたが、
ただでさえ連撃を稼げないマグナが、サブにオメガ武器を入れただけってゴミじゃん(笑)
計算すらしませんでした。


立ち回りで勝っただけなのに、
アバターのMVPレースで勝ってしまったことが自信になってしまい、
自分の編成が強いと勘違いしてしまいました。




分岐点3・それでも両面ゼウス杖編成に拘った

古戦場2日目、95Hell解禁で全然速度が出ず焦りました。

ここでもコロウ剣のグローリーが早いことが団内でも話題に挙がっていました。

しかし、僕は思いました。


「シュヴァリエ解放すらしてないし、リミ武器0ゼウスは黄龍刀のバフなしではゴミみたいなダメージだし、
グローリーやっても弱そう・・・

せっかくゼウスに金剛3つ使ったのに無駄にするなんて・・・

イーリアスボウやグングニル集めは何だったんだ・・・

無理して83箱開けてフュンフ解放して、統べ称号も取ったのに・・・」



速度が出ないのは俺の立ち回りが悪いんだ!立ち回りを詰めれば早くなる!!!


もはや完全に感情に支配されていました。
グローリーを試すことはなく、オリジナルクソ編成の立ち回りを詰め続けました。

もちろんソーン+フュンフ+リミイオor光クラリスの両面ゼウス杖編成で滅茶苦茶早い方はたくさんいました。
しかしリミ武器を大量に積んで、はじめて機能するものだったのです。

結局速度はほとんど上がることはありませんでした。



最悪の思い出を・・・



劣等感から感情に流されていなければ

古戦場で強い編成と、MVPレースで強い編成が違うことを認識していれば。

今までの努力に固執せず、様々な可能性を試していれば


どこかで立ち止まり、より強い編成に辿りつけていたのかもしれません。


次回の土古戦場は同じ失敗を繰り返さないようにしたいと思います。
ご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。