FC2ブログ
Welcome to my blog

Sic Parvis Magna

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レガシーキューブで緑系ランプを使って気づいたこと

今週の木曜日からマジックオンラインで、レガシーキューブドラフトが始まりました。
キューブドラフトはMOのイベントの中で僕が最も好きなイベントです。

・古今東西の強力カードだけでドラフトができる。

モダンのカードプールで行われるモダンキューブドラフトですら、
14手目に《キランの真意号》が流れてくるオーバーパワー環境。

今回のレガシーキューブはこのようなリストになっています。
http://magic.wizards.com/en/MTGO/articles/archive/magic-online/legacy-cube-cardlist

・シングルエリミネーションキューは、1マッチ勝つだけで参加費が帰ってくる
普通のリーグイベント(フラッシュバックドラフト等)だと、
勝ち越してペイできるかできないかといったところなので挑戦しやすさが段違い。

今は強いアーキタイプ、デッキの組み方を模索しているところです。
取り敢えず潜ってみました。

1回目
《精霊龍、ウギン》から緑ランプ方面に行くがマナクリが全く拾えず。
色替えのを失い、マナクリの代わりに3マナの全体除去で序盤を凌ぐプランに変更。
3パック目で《世界を目覚めさせる者、ニッサ》や《不屈の自然》系カードを拾えて
汚いながらもなんとか形になりました。
legac1.png

1戦目 アブザンランプ 後手×〇〇
G1:こちらのアクションが《マイアの戦闘球》のみで、除去された後が続かず負け
G2:相手のマナが伸びる前に《精霊龍、ウギン》《龍王アタルカ》で勝ち
G3:《業火のタイタン》で相手のマナクリを焼いて勝ち

2戦目 白単アグロ 後手×〇×
G1:《リシャーダの港》がクリティカルに刺さり、何も出せず負け
G2:実質バニラの壁の《氷の中の存在》がライフを守り《精霊龍、ウギン》で勝ち
G3:相手のクロック追加を期待し、《金属の嵐》を敢えて使わないでいたところ《ハルマゲドン》で裏目を引き負け

2回目
《巨森の予見者、ニッサ》から《ラノワールの使者ロフェロス》で緑単ランプの流れに。
《精霊龍、ウギン》や《世界を目覚めさせる者、ニッサ》も拾えて大満足。
legac3.png

1戦目 赤単アグロ×〇×
G1:マナクリを火力焼かれて減速したところを殴り切られて負け。
G2:相手のアクションが弱く、《貴族の教主》から《断片なき工作員》から《猛り狂うベイロス》へ繋いで勝ち。
G3:マナクリを火力で焼かれて減速したところを殴り切られて負け。

1月のレガシーキューブも緑系ランプばかり組んでました。
強いアーキタイプではあるのですが、組み間違いもあって勝ててないのが残念。
同じミスをしないように、緑系ランプのピックの注意事項を記しておきます。



・高マナ域よりもマナジャンプカードを優先する
ランプは強力なクリーチャー、PWを素早く出して盤面を制圧することが勝利の鍵となります。
2ターン目までにマナジャンプができないと、デッキパワーは大きく下がると思います。
具体的な枚数はまだ結論が出ていませんが8枚以上でしょうか。
入れすぎもマナフラッドの原因になるので難しいところですね。

レガシーキューブは普通のドラフトと違って、カードパワーの平均値が高く、除去も豊富なので、
大幅にテンポを取られていても強いカードを出したら勝てる、ということはほとんどありません。
まずはデッキの根幹を作るところに重点を置くべきだと思いました。


・高マナ域は単体で勝ち筋を作れるものを優先する
初動がマナを伸ばすだけで盤面を取られていることも多いので、単にサイズが大きいだけでは勝てません。
毎ターンクロックを追加したり、盤面に触れるカードが6枚程度あるとよいです
《世界を目覚めさせる者、ニッサ》や《業火のタイタン》が分かりやすい例です。


・序盤に盤面を硬直させるカードをピックする
緑系ランプの一番多い負け方は、アグロに殴り切られることです。
サイドボードに軽い除去や、《台所の嫌がらせ屋》のような序盤を遅くするクリーチャーを用意すると良いです。
ただし全体除去は自分のマナクリも焼いてしまうので工夫が必要です。


・プレインズウォーカーに触れる手段を用意する
カードにプールにプレインズウォーカーが溢れており、ほとんどのアーキタイプで使われます。
これに対処できないデッキは絶対に勝てません。
緑の軽いカードでこれに触れるものは《ドライアドの歌》しかないので、
二色目に赤や白を採用して《忘却の輪》や火力を用意すると良いでしょう。


緑系ランプはマナジャンプ、土地、フィニッシャー、干渉手段をバランスよく取らなければならないので、
ピック難易度は高めという印象です。人気アーキタイプですしね。
そろそろ同じく強アーキタイプである赤系アグロや青系コントロールも組んでみたいです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。